目の病気Q&A

  • 遠視・近視
  • ドライアイ
  • 麦粒腫(ものもらい)
  • 飛蚊症
  • 糖尿病網膜症
  • 花粉症
飛蚊症

飛蚊症はなぜ起こるのですか?

眼球内にはゼリー状をした硝子体という部分があります。硝子体の99%以上は水分で、わずかに繊維を含んでいます。加齢に伴いこの繊維と水分が分離し、やがて繊維の塊が眼球内をふわふわと浮いた状態になると、飛蚊症の原因となります。

飛蚊症とは何ですか?

飛蚊症は、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見える症状を指し、病気の名前ではありません。心配のないものと、病気が原因で起きるものがあるので注意が必要です。

どうしたらいいでしょうか?

主には加齢(老化)に伴う現象で問題のない場合がほとんどですが、重大な病気(網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎)の前駆症状である場合もあります。すぐに受診し検査を受けてください。